協会概要  会長挨拶  協会設立趣旨
NPO法人 マスターインストラクター協会 

 NPO法人マスターインストラクター協会(Ci=シーアイ)の設立は、インストラクターやガイドと一緒に潜ると安全だと思わされている、ダイバーの死亡事故が一向に減少しない現実がありますので、その事故を減少させるために設立されました。
インストラクターやガイドと一緒に潜ると安全だと思わされているダイバーの死亡事故ほど悲しいものはありません。
スクール中は、インストラクターと受講生は向かい合って手が届く距離で受講しますが、
ファンダイブとなるとインストラクターやガイドは、水中の道案内を行うために進行方向を向き、進行方向の先頭で泳ぎ、ダイバーは後ろからついて行くスタイルが一般的となります。

 水中では先頭のガイドやインストラクターとダイバーの距離は離れるときも多々あり、インストラクターやガイドからダイバーが死角になる時間が多く、緊急時の場合ほとんどが対応ができないのが現状です。
それなのに、最初の講習で一緒に潜ると安全であるかのように思わせられてしまいますと、自立したダイバーになるには程遠くなります。 これが日本のダイビング業界の現状です。

 海外(世界共通)では、インストラクターやガイドと一緒に潜ることは、自然に対して不慣れな場所で潜るので、ダイバーは「安心」を求めるために、水中の道案内を依頼することになります。
そして、ダイバーを受け入れるショップやリゾート側も、オープン・ウォーター・ダイバーの認定カードは、「ガイドとしての水中世界の道案内の責任だけに限定し、ダイバーの安全に対するスキルは免責にする」ことを条件に、水中世界のガイドを引き受けるもので、認定カード(Cカード)は、世界中で「免責証明書」として通用するから「ダイバーズ・ライセンス」といわれる所以です。

認定カードの知名度を気にする人がまれにいますが、免責証明書となるものですから、海外での通用度は知名度ではありおません。どこの団体のCカードでも通用するのです。
ましてCiの認定ダイバーはNPO法人が発行する認定書となります。海外ではNPOの存在感が大きいので、どちら様も安心してCiのCカードを取得して頂くことができます。

日本独自の考え方である「インストラクターに安全を頼る」ように指導しておきながら、事故が発生したときにだけ、自己責任という無責任なインストラクターが多すぎます。
オープン・ウォーター・ダイバーを取得した後の
インストラクターやガイドがダイバーへ果たす本来の役割は「安心」を与えるものです。
Ciダイバーは絶対に悲しい事故に巻き込まれてほしくありません。
オープン・ウォーター・ダイバーを取得する際に、ダイビングにおける自己責任を説明し講習中に指導してこそ自己責任が醸成されます。
自分の安全は自分で守りバディの安全と環境に対しても責任を持つことが、世界で通用するダイバーとなり、Ciが目指すダイバーの育成方法です。

Ciとは
Ci(シーアイ)とは、N.P.O. Master Scuba Instructors Association(NPO法人 マスターインストラクター協会)がCertified(認定した) Instructor(インストラクター)の頭文字です。
そのインストラクターが認定するOW(オープンウォーター)であり、AOW(アドバンス)となります。
協会の認定カードのブランドが『Ci』です。
Ciパートナーシップ提携店(加盟店)
豊富なダイビング経験と指導実績を有するCi加盟店は、世界に通用するダイバーの育成に必要不可欠な「ダイバーの安全に対する自立」と「自然環境を大切にする指導」で「安心と信頼」を得るために努力を重ねているダイビングショップ&ダイビングリゾートです。
Ciパートナーシップ提携店は「安心と信頼」を掲げて皆様のご来店をお待ちしております。
 当協会に登録されているCiインストラクターは、貴方がお住まいになられている地域で、「自己責任に基づいて自立できるダイバーの育成」に誠実に取り組んでいるエキスパート・インストラクターです。
安心してダイビング講習を受講することができるダイブセンターです。

Ciプログラム
 一人ひとりの個性を尊重し、海の自然環境保全と安全に対する自己責任を身に付けることができるプログラムを楽しみながらステップアップすることができます。
Ciパートナーシップ提携店でマイペースで知識とスキルを確実に身に付けましょう。


海の自然環境と共存できるダイバーへ・・・・・・・
              
ワンクリ精神をもとう
 ダイバーはダイビング中にゴミや空き缶は見たくないものです。
水中に浮いているビニールは、イルカや亀がイカなどと間違えて飲み込み、喉に詰まらせて窒息死する報告もあります。もし、
ダイビングでビニールやゴミ、空き缶などを目にしたら、一人ひとりが安全のもてる範囲で1ダイブ毎に1つのゴミを拾う。
名付けて「ワンクリーンアップ作戦」。略して「ワンクリ」。

 ダイビングを楽しむだけでなく、「ワンクリ」を続けることで、いつかはCiダイバーから世界中に「ワンクリ」が広がって行くことを願っております。
ダイバーにしか出来ない「ワンクリ」から、青い地球の環境保護活動を支える一員でありましょう。
ぜひ
、Ciダイバーは『ワンクリ精神』をおもちになられることを願います。
※空き缶の中に、魚が住処にしている場合がありますので注意してください。


サンゴを大切に
 珊瑚礁で中性浮力(無重力状態と同じように、水中で浮きも沈みもしない浮力のこと)がとれないダイバーが、何年もかかって形成された珊瑚を自分では気が付かないうちに一瞬にしてフィンキックで壊わしてしまうことも多々あります。
知識とスキルを磨いて
環境に優しいダイバーを目指しましょう。

      オープン・ウォーター・ダイバー(Cカード)取得することの正しい意味
 日本のダイビングスクールやショップ、サービスでCカード取得することの意味を説明されることがありません。
言い換えればインストラクターが「オープン・ウォーター認定ダイバーとなることの意味などの重要事項説明義務」と「適合性の原則が果たされていない」ことが、事故が減少しない大きな原因の一つでもあります。

 世界のデファクトスタンダード(既成事実)としての、オープン・ウォーター・ダイバークラスの認定を受けることの正しい意味を説明します。

ファンダイブを申込みするときに、オープンウォーターダイバークラスのCカードを提示することは、ダイビングの安全に対する責任は「本人とバディ同士で確保して潜る」ことを前提として、世界中のリゾートで「海中の道案内をガイドに依頼してダイビングを楽しむ」ことができる認定ダイバーカード(Cカード)という制度が確立されました。
万一事故が発生したとき、『ガイドやインストラクターが、ダイバーの技術不足をカバーしたり安全に対する責任をとるのではなく、ガイドの依頼を受けて予定の場所に帰られなかったり海況の判断を誤ったりしたときの限定された責任』であることを理解する必要があります。
ですから指導団体の知名度に関係なくCカードは免責証明書として問題なく世界中で通用します。

Cカードのことを世界中のリゾートで通用するから、海外でも「ライセンス」と呼ばれることもあります。
「海外では○○○○のCカードしか通用しない」という人がいますが惑わされることはありません。

海外ではCカードが通用しないのではなく、インストラクターを頼るように指導された日本人ダイバーの知識と技術不足、そしてインストラクターやガイドに対する安全の依頼心が世界の考え方に通用しないのです。

冒頭にもありましたが、スクール中はインストラクターと受講生は、すぐ近くで向かい合って受講することが多いですが、スクール終了後のファンダイブでは、インストラクターといえどもガイドをするときは進行方向を向きます。
潜水時間のほとんどの時間をインストラクターの後ろについて泳ぐダイバーは、インストラクターの視界に入らないのに、インストラクターが安全確保をできると思いこまされて自立心の醸成を阻害しています。
ダイビングの事故の犠牲者は、インストラクターやガイドと一緒に潜ると安全と信じさせられているダイバーが多いものです。

 
PO法人マスターインストラクター協会(Ci)は、受講される方が安心して安全に楽しめるよう、正しいリスクマネジメント手法でプロフェッショナル・インストラクターに意識改革を求め、海外で通用するダイバーの育成を行っております。                                                                                

        責任あるショップ&リゾートでCカードを取得しましょう。
 スクーバダイビングは、海という大自然をフィールドにした活動です。
ダイビングは素晴らしい大自然に触れ合い感動が得られる反面、その大自然やダイビングの特性として危険性があることも事実です。
ダイビングは危険性があるからこそ、プロフェッショナルがいて安全に導くお手伝いを必要とします。
オープン・ウォーター・ダイバー認定カードを取得することは、安全に対する責任を有するダイバーとして活動するための第一歩となります。
「オープン・ウォーター・ダイバーのCカードが早く取得できます」「オープン・ウォーター・ダイバーの取得する意味と責任」を教えてくれないショップやリゾートは、敬遠するべきでしょう。

なぜならば取得することの意味を正しく説明をしないことは、最初からインストラクターやショップ&リゾートが責任逃れをしているのと同じだからです。
Ciパートナーシップ提携店とそこに所属するCiインストラクターは、ダイビングから死亡事故を減らすことを社会的使命としています。

そのためにCiパートナーシップ提携店はダイビングの楽しさや素晴らしさだけでなく、危険性なども含めてトータルな面からアドバイスや指導ができるスクールです。
生死にかかわることもあるダイビングは、特に基本習得に時間を掛ければ掛けた分だけ、確実に安全性が高くなり、楽しさの幅と仲間の輪を広げることができます。


 名称:NPO法人マスターインストラクター協会
 住所:大阪府大阪市淀川区西中島4-9-33-2F
  TEL:06−6305−8111
  FAX:06−6305−6012